ブックメーカーに違法性はあるの?

ブックメーカー違法性はあるのか?

こういった事はこれからブックメーカーを実践するにあたって

とっても気になる所ですよね!

 

では、過去のケースつまり判例を見て、

ブックメーカーに違法性はあるのか?詳しく調べてみました。

ブックメーカーに違法性はあるのか?ホントの所は?

ブックメーカー違法

もし、違法性があるのか?を法律で判断されるなら、

「賭博罪」という法律で判断されることになります。

 

そして賭博罪の中身には「対向犯」という物があり、

賭け事をする側も、胴元も日本在住であることが前提の法律となっています。

 

すると、ブックメーカーのすべての会社は海外が所在地なので日本ではないですね。

よって賭ける側、胴元の両者が日本揃っていないので、

対向犯も賭博罪もブックメーカーは適用されないことになります。

過去の判例はどうなってる?

では、賭け事系の過去の判例はどうなっているんでしょうか?

実は、ブックメーカー自体では今まで逮捕者は一人もいません。

 

判例を私もたくさん調査しましたが、過去、オンラインカジノで3名の逮捕者が出たようです。

その時は、結果として不起訴処分になりました。

 

というのも、オンラインカジノに賭けた側は、日本在住でしたが、

オンラインカジノの胴元が海外の会社だったため、対向犯が成立せず、

 

罪に問えないため検察側が不起訴処分にしたようです。

ブックメーカーは結局グレー

ということで、日本で認められている公営ギャンブルは、

競馬、パチンコ、競輪、宝くじ

などがありますが、それ以外の賭け事というのはすべて合法ではありません。

つまり違法ですね。

 

しかし、同時に胴元が海外にあると、罪に問えないため、法律で裁くことができない

グレーである、というのが答えになります。

 

こういったことをすべて考慮すると、どうしてもブックメーカー自体、自己責任で

賭けることになりますが、過去逮捕者が一人もいない、というのは事実ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました